長楽館ハウスワイン キュベ スペシャーレ“Madame Motoko”のご案内

ハウスワインのイメージ

ドメーヌ ジャン・コレ シャブリ プルミエ・クリュ モン・ド・ミリュー キュヴェ スペシャーレ “マダム モトコ” 2012年

日本人の嗜好にも合い、お料理にも合わせやすい
フランス・シャブリ地区の白ワインです。

キンタ・ダス・マイアス ジャエン キュヴェ スペシャーレ “マダム モトコ” 2012年

ポルトガルのダン地方だけで栽培されるジャエンという
葡萄品種から作られ、柔らかでエレガントな口当たり、
渋みと酸味の調和のとれた果実味豊かなワインです。

ジャン・コレ社の現当主ジル・コレ氏と奥様のドミニクさんが、
無農薬・有機栽培、雑草の鋤き込みを始め、畑への想像を絶する労力を投じて造られたこのワイン。

シャブリ1級畑の中でも特級畑と同じ斜面に位置し、良質なブドウが収穫できます。 その為、とりわけ高い人気とクオリティを誇るモン・ド・ミリュー。華やかな香りの中にミネラル感からくる芯のある強さを感じ、長い余韻を演出しています。
テロワールを存分に表現した、完成度の高い味わいがお楽しみ頂けます。

エチケットラベルには長楽館オーナーの名前“Madame Motoko”が刻まれています。

「No.5の畑に立てられている“マダム モトコ”のメモリアルプレート

2007年、ロンドンのインターナショナルワインチャレンジでポルトガルNO1ワイナリーの受賞を始め、今やポルトガルを代表するプレミアムワイン生産者です。

このワインはキンタ・ダス・マイアスのジャエン種の畑の中でも最も質の良い葡萄を生み出す‘NO5’という区画の葡萄園で、無農薬・有機栽培で収穫された葡萄を100%使い、醸造されたワイン。
長楽館ハウスワインのため、ワイナリーオーナーから‘№5’のブドウ畑を提供いただき、
その区画を長楽館オーナーにちなみ「マダム・モトコ」と命名。
その名はエチケットラベルにも記されています。
長楽館竣工の年1909年に因んで僅か1909本しか生産しません。
かの有名なロマネコンテイの約三分の一の生産量です。

イメージ